二人のガスコン (中)

カテゴリ:小説
日時:2004/08/25 22:29


 (定価)

在庫切れ (Amazon価格)

なし (Amazonポイント)

 (私のおすすめ度)

在庫切れ

(価格・在庫状況は8月8日 20:15現在)


『川の深さは』などが届いてしまったため、読みかけで放置していた佐藤賢一のガスコン中巻。ようやく読了。

新たに新聞記者クルパン(あのクルパンの子孫かねぇ)を仲間に加え、別行動をとっていたダルタニャンやシラノがパリに集結。彼らは、アビニョンだけでなくパリにも「鉄仮面」がいたことを突き止める。

そして、アビニョンおよびパリの鉄仮面の正体が遂に明らかになる。 鉄仮面といえば、デュマ。それから、


 (定価)

在庫切れ (Amazon価格)

なし (Amazonポイント)

 (私のおすすめ度)

在庫切れ

(価格・在庫状況は8月8日 20:15現在)


も鉄仮面の正体は定番のアノ人。


 (定価)

在庫切れ (Amazon価格)

なし (Amazonポイント)

 (私のおすすめ度)

在庫切れ

(価格・在庫状況は8月8日 20:15現在)


もアノ人だったっけ?

ガスコン中巻で明らかになった鉄仮面の正体は、まったく異なる。これには意表をつかれた。なるほど、そうきたか。

ストーリーはかなり面白くなってきた。ただ、相変わらず展開が遅い。上巻の帯に「これぞ活劇」とあるが、そういう爽快感はまったくない。少なくとも、上中巻はまったく活劇じゃない。こういうところが好きになれないんだよなぁ。