鏡像の敵

カテゴリ:小説
日時:2005/09/07 22:06


 (定価)

在庫切れ (Amazon価格)

なし (Amazonポイント)

 (私のおすすめ度)

在庫切れ

(価格・在庫状況は7月4日 12:17現在)


神林長平の初期短編集。「時間触」からの再録が3編あるが「酸性雨」は含まれないなど、ちとややこしい構成だが、俺にとっては6編すべて初見なので問題なし。

どれも神林テイストあふれる作品である。 表題作「鏡像の敵」は、人間の憎悪を食べる怪魔を狩る装甲スーツをまとった軍人の物語。怪魔を追っていた彼は、自分自身と対峙する。装甲スーツの中にいるのは誰なのか?

「渇眠」は、「睡眠」と「時間」がテーマ。主人公を襲う、歪んでいく時間の原因とは?

普段は当然のこととして気にもとめない概念を崩したり、現実と虚構の境界を曖昧化したり転換したり。やはり神林長平は神林長平。脳みそ刺激されっぱなしである。