戦車謎解き大百科

カテゴリ:軍事史/戦史
日時:2005/06/27 23:30

戦車謎解き大百科

戦車謎解き大百科

斎木 伸生

光人社

¥ 1,995 (定価)

在庫切れ (Amazon価格)

なし (Amazonポイント)

3.5 (私のおすすめ度)

単行本

在庫切れ

(価格・在庫状況は3月4日 19:47現在)


戦車の誕生から現代までの発展史、戦車の定義や主砲の構造、装填方法、照準装置やそのほかの武装。装甲の仕組み(構造、材質など)、エンジンやトランスミッションなどの動力部にサスペンションやキャタピラの仕組み、ライトそのほかの装備まで、戦車について網羅した1冊。

軍オタでもない限り、必ず新しい発見があるだろう。帯の「絶対に役立つ」には同意しかねるが。 図版も(1Cオンリーだが)豊富だし、(文体がときどき雑になるが)内容も面白い。多くのコラムを挿入して「できるだけたくさんのことを読者に伝えよう」という著者の熱意も伝わってくる。著者はとてもよい仕事をしている。

だが、残念なことに編集者の仕事がダメ。まず、コラムや図版の挿入個所が悪い。本文を変なところで分断して挿入しているため、イライラさせられる。もっと構成を工夫することはできたはず。この本の担当編集者は素人か?

また、図版のキャプションを詰め込みすぎ。レイアウトが悪すぎて、読む気が萎える。というか、どの文がどのイラストを説明しているのか分からない。まともなアートディレクター(AD)を付けて、ちゃんとレイアウトを工夫すべきだろう。ADいないの?

著者の仕事は星4.5。出版社&編集者の仕事に対しては星1.5というところか。「書籍」としてのクオリティが低すぎて著者が気の毒である。