τになるまで待って

カテゴリ:小説
日時:2005/09/11 15:14


 (定価)

在庫切れ (Amazon価格)

なし (Amazonポイント)

 (私のおすすめ度)

在庫切れ

(価格・在庫状況は6月29日 18:52現在)


森博嗣のGシリーズ第3弾。

山奥にある超能力者神居静哉の屋敷を訪れたGシリーズの学生3人集+探偵赤柳。被験者を異界にいざなう神居の超能力に翻弄される面々。

しかし、その後神居は密室で殺害される。彼がその直前に聞いていたラジオドラマは「τになるまで待って」だった……。 今回も、Gシリーズらしい仕上がり。「Gシリーズらしい」とは、

 ・トリックは拍子抜け(意図的?)
 ・動機はあいまい
 ・犯人は不明確

ミステリとしては確かに面白いが、上記のような特徴があるために「謎の解明」のときに得られるカタルシスがないというか、「もやっと」感が残ってしまう。

それよりも、見所は四季の影がより強調されてきたことだろう。シリーズ全体でテーマを四季に収斂させるつもりのようだ。そして、今回は「あの人」が錯綜する人間関係の中に加わってくる。しかも、萌絵たち以上に核心に近い様子。

くやしいが、Gシリーズから目が離せん。