世界地名ルーツ辞典

カテゴリ:辞典・事典
日時:2003/08/07 00:56

世界地名ルーツ辞典 歴史があり物語がある

世界地名ルーツ辞典 歴史があり物語がある

牧 英夫

創拓社

¥ 1,631 (定価)

なし (Amazonポイント)

4.5 (私のおすすめ度)

新書


ヨーロッパ、南北アメリカ、アジア、オセアニア、アフリカ。世界中の国名や地名(州や市、山や川などの自然地名)の語源を解説した辞典。意味もなくパラパラめくっているだけで楽しめる、お気に入りの本の1つ。

高校で世界史をやっていれば、ロンドンの古名がロンデニウムでウィーンがウィンドボナであったと習ったはず。本書は、それをさらに掘り下げて説明しており、ウィーンについてなら
語尾のボナはケルト語の集落・町だから、この辺りはウィンドVindoと呼ばれていた。Vindoの意味は明らかではないが、当時のケルト語では「白いもの、建物」といった意味になる。
といった説明が付く(実際はもっと詳しいし、長い)。

非常にオススメの1冊。