Dell Inspiron 1520をメモリ4GB化

カテゴリ:雑記
日時:2009/08/23 20:40

メインで使用しているInspiron 1520のメモリを4GBにしてみた。従来の2GBでも特に不満はなかったのだが、4GBにしたらスワップがほとんどなくなり非常に快適になった。これで5000円なら安い。昔は16MBのSIMMを5万円で買ったもんなぁ……。

2011年2月15日追記:Inspiron 1520のHDDをSSDに換装しました。

ちなみに、今回購入したのはバッファローの

 (定価)

在庫切れ (Amazon価格)

なし (Amazonポイント)

 (私のおすすめ度)

在庫切れ

(価格・在庫状況は1月1日 9:00現在)


2GBのメモリ2枚組。

Inspiron 1520のマニュアルはやや分かりにくい点があったので、メモリ交換のポイントを簡単に紹介する。 Inspiron 1520のメモリスロットは2カ所に分かれている。まずはキーボード側。

ドライバでバキっと

ミゾにマイナスドライバを突っ込んでキーボード奥のカバーをこじ開ける。バキバキ鳴るので心が折れそうになるが、くじけてはいけない。

外すネジは2カ所


カバーを外したら、2カ所([F5]キーおよび[Num Lk]キーの上部)のネジを外す。

キーボードを外す


次ぎにキーボードをバキっと外して手前にめくる。

樹脂カバー


キーボード裏にある黒い樹脂カバーを外す。

メモリスロットに到着


樹脂カバーを手前にめくると、DIMMが登場。両脇のラッチを手で広げれば、簡単に外せるので交換する。ここは難しくないので割愛。

もう1カ所のメモリスロットは、本体裏側。ネジを1本外すだけでOK。

本体裏の場所


カバーを外したところ。

本体裏のメモリ


メモリ交換後。4GBのメモリが無事認識されている。まぁ、Windowsで確認する以前に、BIOSで確認するわけだが。

Vistaにて



ついでに、バッファローが無償配布しているRAMDISKユーティリティーをインストール。RAMディスクかぁ。98noteの隠しRAMを使ったRAMディスクを思い出すなぁ。アレは便利だった。