AV機器用学習リモコンで4台の機器を一元操作

カテゴリ:住まい・生活
日時:2011/01/10 18:11

我が家の悩みは、

・テレビ(REGZA 42Z3500
・ホームシアターセット(HTP-S313
・BDレコーダ(DMR-BW770)
・CATVセットトップボックス(TZ-DCH2800)

それぞれにリモコンがあるため、ヒジョーに面倒くさいということです。特に致命的なのが、音声のボリューム調整はホームシアターセットのリモコンを使わなければならないこと。というわけで、これらを一元的に操作できる学習リモコンを「いまさらですが」導入してみました。


 (定価)

在庫切れ (Amazon価格)

なし (Amazonポイント)

 (私のおすすめ度)

在庫切れ

(価格・在庫状況は2月23日 14:43現在)

リモコンには「TV」「チューナー」「BD」「DVD」「AMP」の切り替えボタンがあるので、我が家の機器はそのままこれらのボタンに割り当てることができました。「シフト」ボタンもあるので、さらに多くの機器をコントロールすることも可能です。AV機器ほど設定は簡単ではありませんが、エアコンや照明機器もこの学習リモコンで操作できます。

実際に試したところ、HTP-S313以外は一発で認識して設定できました。HTP-S313は、メーカー番号を入力することで使えるようになりましたが、操作できたのはボリューム調整のみ。電源オン/オフすらできません。これは、個別の機能登録で電源ボタンの設定を行うことで対応しました。

CATVセットトップボックスのTZ-DCH2800にはHDDが内蔵されており、これ自体で録画・再生が可能です。ただ、標準の学習機能では再生・一時停止・停止・早送り/戻しといった機能までサポートされていなかったので、これも個別登録でボタンに機能を割り当てる必要があります。

というわけで、多少の調整は必要ではありますが、この学習リモコン1つで4つの機器を操作できるようになりました。REGZAに接続したHDDへの録画・再生、BDレコーダの録画・再生、セットトップボックスへの録画・再生も問題ありません。大変快適です。もっと早く導入するべきでした。

ただし、リモコンのデザインはイマイチです(あくまでも主観です)。REGZAのリモコンはチャンネルボタンも大きくて押しやすく、デザインもシャープで気に入っていただけに、この点は残念です。なので、機能的には大満足ですがデザインでマイナス1点。

ちとダサい学習リモコン
手前がREGZA、奥がちとダサい学習リモコン(主観)


学習リモコンの効果は十分理解したので、今後はデザインが良くて手になじむものを差がしてみたいと思います。まぁ、3000円以下で買えるものですしね。