ハプスブルク家の宮殿

カテゴリ:オーストリア史
日時:2004/04/25 23:46


 (定価)

在庫切れ (Amazon価格)

なし (Amazonポイント)

 (私のおすすめ度)

在庫切れ

(価格・在庫状況は8月8日 18:30現在)


タイトルはやや抽象的だが、早い話がシェーンブルン宮殿を中心としたハプスブルク史ってとこか。マティアスによる有名なシェーンブルン発見のエピソード、宮殿の建設、マリア・テレジアによる改築、庭園の整備など、シェーンブルンの発展史を軸に、ハプスブルク家の通史が語られる。 ハプスブルク史としては目新しい話はまったくない(世に山ほどある他書のほうがずっと詳しい)が、シェーンブルンについての記述はなかなか興味深い。宮殿自体にフォーカスした本は初めてじゃないかな(建築学系でならあるのか?)。