チキンの骨で恐竜を作ってみよう

カテゴリ:マニュアル本
日時:2005/01/29 16:13


 (定価)

在庫切れ (Amazon価格)

なし (Amazonポイント)

 (私のおすすめ度)

在庫切れ

(価格・在庫状況は6月29日 12:38現在)


書名がすべてを語っている。文字通り、チキン(3羽分)の骨を使った恐竜の骨格標本作成方法を解説した本である。作るのは、4足歩行の草食竜、アパトサウルス(ブロントサウルスともいう)だ。

制作に必要な道具や材料、チキンから骨を取り出す方法、骨の整理と加工方法(必要に応じて削ったりする)、組み立て方まで、本書のとおりに作業すれば作れそうな気がする。 モノ作りは何事も面倒なのだが、日本では特に「チキンまるごと3羽分」の入手が問題になるような。これを(それなりに苦労しつつも)クリアしてしまうところがアメリカンだ。

次なる問題は、3羽分のチキンの「余った」肉について。これについてはノープロブレム。おいしそうなチキン料理のレシピまで記されている。マニュアル本はこうでなければならない。

う~ん。チキンの入手方法は確かに頭の痛い問題だが、ホントに作りたくなってきたぞ。男の子なら「恐竜」って単語に心がときめかないはずがないでしょ。これだけ鶏肉があれば、怖くないチキンブロス(意味が分からない人は、雪風を読みましょう)も作れるだろうし。本書のレシピには載ってないけど。