Φは壊れたね

カテゴリ:小説
日時:2004/09/13 23:56


 (定価)

在庫切れ (Amazon価格)

なし (Amazonポイント)

 (私のおすすめ度)

在庫切れ

(価格・在庫状況は8月8日 20:12現在)


森 博嗣の最新作。新シリーズらしいが、シリーズ名が分からない。

マンションの密室で発見された宙吊り死体。死体はロープで両手を広げて「Y」字状に吊るされ、胸には銀色のナイフが刺さっていた。死体発見時の様子は、隠しカメラで録画されていた。ビデオテープのラベルに書かれたタイトルは「Φは壊れたね」。

この謎に、西之園萌絵と後輩たちが挑む。 というわけで、『四季』に続く新シリーズ。萌絵も犀川も国枝も鵜飼たちも登場するが、このシリーズのメインはC大の学生らしい。

萌絵は相変わらずなのだが、ちょっと落ち着きが出てきたか? 学生たちをたしなめる様子が少々面白い。Vシリーズの小鳥遊や紫子のような鬱陶しいキャラもいないので、今回のシリーズは読みやすい。

ただ、この感じだと犀川は登場したとしても超チョイ役にとどまりそうな予感。犀川という個性が気に入っている俺としてはちょっと残念な気もする。森 博嗣は、いまだ犀川を超えるキャラを作り得ていないのではないか。

しかし……「Φ」ですか。プサイにファイ、プサイにファイ、サイン・コサイン・タンジェント……。タイトルを見た瞬間、延々とシュレディンガー音頭がリピートし続けて困った。ああ、あなたと私のシュレディンガー……。

分からない人は、物理系の学生に聞いてみましょう。運がよければ踊りを見せてくれるかもしれない。そんな人脈がない人は、シュレディンガー音頭をどうぞ。