前田建設ファンタジー営業部

カテゴリ:ノンフィクション
日時:2005/02/07 22:22


 (定価)

在庫切れ (Amazon価格)

なし (Amazonポイント)

 (私のおすすめ度)

在庫切れ

(価格・在庫状況は12月1日 15:06現在)


アノ有名な前田建設 ファンタジー営業部の「マジンガーZ編」が書籍になって登場。ちと出遅れたが、やっと読了。Webでも読めるのだが、やはり書籍の方が読むのには適している(だから電車男も売れたのだろう)。

内容はみな知っていると思うが、早い話が前田建設が光子力研究所のマジンガーZ格納庫建設を受注したという設定で、実際に工法や技術的な課題を検討し、見積もりを出すというもの。

結論自体はキモではないので書いてしまうが、ファンタジー営業部では、紆余曲折の末、マジンガーZ格納庫工事費として72億円、工期6年5カ月(機械獣の襲撃期間を除く)という見積もりを出したのだった。 文章はいい意味でフザけているが、実は非常に真面目で真剣だ。アニメ特有のメチャクチャな設定をいかに実現するか、技術屋として真剣に考えている。工法や建設用語についても分かりやすい注や説明が加えられており、ゼネコンの勉強にもなる。

そこかしこに、実際にモノ作りをしている人間の誇りが見え隠れしている。何だかカッコいい。異業種のプロはなぜか輝いて見える。最近、俺は形のあるものを作っていないせいか、ちょっとうらやましい。

「銀河鉄道999編」も完結したことだし、続編にも期待大である。