萩藩 毛利家の食と暮らし

カテゴリ:日本史
日時:2005/07/08 21:16


 (定価)

在庫切れ (Amazon価格)

なし (Amazonポイント)

 (私のおすすめ度)

在庫切れ

(価格・在庫状況は5月22日 13:08現在)


書名のとおり、毛利家の食と生活(日常および行事、儀礼など)を解説。

国目付けや朝鮮通信使の饗応に出された料理や正月、七夕、節分など、年中行事の祝い方、家督や婚礼、子の誕生から成長、葬儀でのしきたり、萩藩の郷土料理(外郎など)、茶会の様子など、江戸時代の毛利家の一端を知ることができる。 一般向けの書籍で萩藩(いわゆる長州藩)の生活を取り上げるのは珍しいのでは。その意味で、本書には希少価値があるだろう。

さすがに「食」とあるだけあって、饗応などの献立の記述は詳しい。読んでいると腹が減る。江戸時代の食事に興味がある人にもおすすめ。