買ってしまったヤマト完結編DVD

カテゴリ:雑記
日時:2005/07/10 16:26

ヤマト完結編を見たのは小学校6年のとき(22年前かよorz)。「クラッシャージョウ」「幻魔大戦」が同時期で、映画代を捻出するのが大変であった。当時は家にビデオデッキすらなかったので、見たければ映画館に行くしかなかったのである。

ふと、どーしても見たくなってしまい、↓を買ってしまった。

 (定価)

在庫切れ (Amazon価格)

なし (Amazonポイント)

 (私のおすすめ度)

在庫切れ

(価格・在庫状況は7月7日 10:25現在)

小学生当時ですら「xxxは変だろ」とツッコんでいたほどの完結編なので、いまさらツッコミを入れていたらキリがない。というか、見ている間中ツッコミっぱなしで疲れた。

んが、やっぱりヤマトだねぇ。30代のおじさんにはたまらないものがある。冥王星海戦や総員退艦してヤマトを見送るシーン、そしてヤマトが沈むところなどは涙腺がゆるくなる。クソアニメといってもよい出来なのだが、「ヤマト」というブランドの威力で無理やり感動作に変化してしまったという感じ。子ども時代にヤマトを愛したかどうかで評価が分かれそうだ。

少々驚いたのが、ラスト。最初の劇場公開版を見た身としては、「完結編=古代と雪のベッドシーン」なのだが、DVDではここが大幅にカットされてるのね。特典映像として劇場公開当時のベッドシーンも収録されているけど。

そもそも、映画はヤマト自沈後の静かになった海で



にするべきだったと思うけど(小学生のときも思った)。それ以後の、みんなで浜辺をダッシュとか古代と雪のラブラブシーンは全部うんこ。蛇足だ。