ピットロード 1/35 28cm榴弾砲(乃木付き)完成

カテゴリ:模型・おもちゃ
日時:2011/03/24 23:58

1/35 日本陸軍28cm榴弾砲 砲兵6体+乃木将軍付の続きです。ベースも含めてやっと完成しました。

ベースはダイソーのコルクボード(200円)。土壌は同じくダイソーの軽量紙粘土。ベトン部分はプラ板。さらにタミヤの土のうセットで土のうを積んでみました。

図説・日露戦争兵器・全戦闘集―決定版 (歴史群像シリーズ)

図説・日露戦争兵器・全戦闘集―決定版 (歴史群像シリーズ)

学研

¥ 1,995 (定価)

在庫切れ (Amazon価格)

なし (Amazonポイント)

5 (私のおすすめ度)

単行本

在庫切れ

(価格・在庫状況は11月13日 13:58現在)



24ページの写真をイメージしました。土のう、砲弾、汚れがテーマです。 しかし、土のうと砲弾の数が足りません。おゆまるで型取りして、ポリパテで複製することにしました。

土のう複製中
土のう複製中


まずは土のう。ポリパテ特有の気泡ができていますが、積んでしまえば目立たないのでパテなどでの修正はしません。

砲弾も複製中
砲弾も複製中


砲弾も同じ要領で増やします。弾頭だけポリパテで複製し、円筒部分をタミヤのプラパイプで作るパターンも試してみましたが、丸ごとポリパテで作った方が手間が少なかったので、プラパイプ版は2個で生産終了。こちらは表面処理も行います。

同スケールの乃木さんと並べると、砲弾の巨大さがよく分かります。

コルクボードは、汚れないようにあらかじめマスキングテープで覆っておきます。


縁はマスキングしておく(再掲)


ベトン部分はサークルカッターで中央部を円形に切り抜き、グレーサフを砂吹き。が、まだ表面が滑らかすぎだったので、タミヤのラッカーパテで溶きパテを作って適当に塗りつけます。サフとパテの色をそのまま生かして、塗装はなし。

土壌部分はついでにサフを吹いておき、茶系の色を3種類ほど、適当にエアブラシで吹き付け。このとき、ポリパテのカスを適当に砕いて適当に蒔いておきます。さらに茶や黒、グレーのパステルを茶こしで削って粉末にしたものと砥の粉を混ぜて、筆で土や土のうにまぶし、砂埃っぽさを出しました。

28cm榴弾砲や砲弾、ベトン、フィギュアにはグレーのパステルを筆でこすりつけて汚します。28cm榴弾砲については茶のパステルを部分的に筆でなでつけて、サビが浮いた感じに。

反対側
反対側はこんな感じ


最後にコルクボードのマスキングテープをはがして完成です。

「ベースはオマケなのでチープに行こう」と思って手をかけなかったのですが、こうしてみると縁が白すぎて締まらないですね。最初にニスなどを塗っておくべきでした。やはり縁は濃い色の方が締まって見えますね。失敗でした。

戦艦三笠に続き、これで日露戦争モノが完成しました。「坂の上の雲」の第3部で活躍する姿を見るのが楽しみです。