超・殺人事件

カテゴリ:小説
日付:2004/05/15 12:08

 (定価)

在庫切れ (Amazon価格)

なし (Amazonポイント)

 (私のおすすめ度)

在庫切れ

(価格・在庫状況は5月22日 14:10現在)


東野圭吾お得意の「ネタ」短編集。推理小説界のブラックユーモア小説というところか。フリーライターをやっていた身としては、確定申告と必要経費をネタにした話に親近感を覚えたなぁ。

かる~く読めるので、通勤時の暇つぶしに最適。けど、それ以上ではないなぁ。

新世紀エヴァンゲリオン 9

カテゴリ:マンガ
日付:2004/04/27 14:27
あ、もう出てたのか。というわけで購入。


 (定価)

在庫切れ (Amazon価格)

なし (Amazonポイント)

 (私のおすすめ度)

在庫切れ

(価格・在庫状況は5月22日 14:10現在)


……大活躍だな、カヲル君。
やはり、腐女子は大喜びなのだろうか?

そういえば、もう放送から9年になるのか。早いなー。
「最後のシ者」→渚
「カヲル」→(1文字ずつ前にずらして)「オワリ」
とか言ってたころが懐かしいな。

予知夢

カテゴリ:小説
日付:2004/04/21 23:19
本日の読了本

 (定価)

在庫切れ (Amazon価格)

なし (Amazonポイント)

 (私のおすすめ度)

在庫切れ

(価格・在庫状況は5月22日 14:10現在)


以前読んだ、

 (定価)

在庫切れ (Amazon価格)

なし (Amazonポイント)

 (私のおすすめ度)

在庫切れ

(価格・在庫状況は5月22日 14:10現在)


が面白かったので、湯川&草薙コンビの続編に手を出す。
前作よりもオカルト色が強くなったかな。といっても、「一見オカルト風になってしまった事件」を科学的に解決するので、オカルトではないのだが。

湯川のキャラは立っているのだが、草薙が「薄い」のが難点か。関口のように胡乱ではなく木場のように四角くもなく、榎木津のように奇天烈でもない。まぁ、ワトスン役はこれでいいのかもしれないけど。

アインシュタイン相対性理論の誕生

カテゴリ:科学
日付:2004/04/19 22:21

 (定価)

在庫切れ (Amazon価格)

なし (Amazonポイント)

 (私のおすすめ度)

在庫切れ

(価格・在庫状況は5月22日 14:10現在)


アインシュタインの論文や手紙、講演などを時系列で追いながら、相対性理論自体および理論の構築過程を解説。

理解するのが大変で、読むのに時間がかかってしまった……。こう書くと理解したみたいだが、結局分からずじまいな個所多数。俺ってやっぱり頭悪いなぁ。それでも何とか読めてしまうところが現代新書のいいところ。

相対論やら理論物理学に興味があるならオススメだが、そうでない人は止めといた方がいいかも。

探偵ガリレオ

カテゴリ:小説
日付:2004/04/09 18:04
今朝の電車で読み終わった。

 (定価)

在庫切れ (Amazon価格)

なし (Amazonポイント)

 (私のおすすめ度)

在庫切れ

(価格・在庫状況は5月22日 14:10現在)


海で起こった爆死事件、アルミでできたデスマスク、胸の一部だけ腐った死体。これらの不可解な謎を、理工学部物理学科助教授が科学的に解明する短編連作。プロットは単純だけど、トリック(というかネタ)は新鮮で面白い。

んが、この助教授 湯川と科学オンチ刑事 草薙の凸凹っぷりは、ありがちといえばありがち。ミステリのお約束的配役ですな。

赤目のジャック

カテゴリ:小説
日付:2004/04/04 19:58
今回はコレを読了したわけだが……。

 (定価)

在庫切れ (Amazon価格)

なし (Amazonポイント)

 (私のおすすめ度)

在庫切れ

(価格・在庫状況は5月22日 14:11現在)


「何だ?このクソ本」

ジャックリーの乱がらみということで読み始めたのだが、何のことはない。ひたすらレイプしてるだけ。

「やらなければならないことがある」と啖呵を切り、結婚を約束した女をエロ親父に売り飛ばして何をするかと思えば、別のタカビー女を調教。その挙句に「真実のきらめき」ですか。そこでまたブチ切れですよ。

知るか、ヴォケ!

暗闇の囁き

カテゴリ:小説
日付:2004/03/30 19:12
今朝の通勤電車で読み終わったのがコレ。


 (定価)

在庫切れ (Amazon価格)

なし (Amazonポイント)

 (私のおすすめ度)

在庫切れ

(価格・在庫状況は5月22日 14:11現在)


綾辻 行人の囁きシリーズ第2作なわけだが、前作


 (定価)

在庫切れ (Amazon価格)

なし (Amazonポイント)

 (私のおすすめ度)

在庫切れ

(価格・在庫状況は5月22日 14:11現在)


(↑以前紹介済み)
よりも面白かった。こういうホラーっぽいのもよいね。

あれ? プロローグの惨殺劇って、結局何が起こったんだ?

フューチャー・イズ・ワイルド

カテゴリ:生物学
日付:2004/03/26 18:00
まだ読み終わってないけど、今朝↓が届いた。


 (定価)

在庫切れ (Amazon価格)

なし (Amazonポイント)

 (私のおすすめ度)

在庫切れ

(価格・在庫状況は5月22日 14:11現在)


1~2億年後の、人類が滅んだ後に生きている生物たち。彼らがどのように進化するのか、さまざまな要素を勘案しながら想定・イラスト化している。何だかカンブリア紀に戻ったような奇妙な生き物のイラストは、見ているだけで面白い!

「8mもあるイカが骨格も持たずに地上を歩く」とか、ちと無理がある点もあるけど、「らしさ」があればいいじゃん、ってとこか。

アプローチは違うけど、これを面白いと思う人は↓も楽しめるかも。


 (定価)

在庫切れ (Amazon価格)

なし (Amazonポイント)

 (私のおすすめ度)

在庫切れ

(価格・在庫状況は5月22日 14:11現在)


ここまでこると、いっそアッパレだねぇ。昔、最初に読んだときは笑ったよ。

核兵器のしくみ

カテゴリ:科学
日付:2004/03/24 00:38
これは面白かった。


 (定価)

在庫切れ (Amazon価格)

なし (Amazonポイント)

 (私のおすすめ度)

在庫切れ

(価格・在庫状況は5月22日 14:11現在)


序盤は原子だ中性子だ電子だと、中学か高校レベルの話が続いて少々退屈したが、話が深くなるにつれて面白くなる。アルファ崩壊~ガンマ崩壊について、自分の中であやふやだったこともすっきりしたし。

放射能と放射線の違いが分からないという人は、読んでおくといいでしょう。

名探偵の呪縛

カテゴリ:小説
日付:2004/03/18 23:32
あの名探偵の掟の続編にして長編ということで、期待していたのだが……。う~ん、通勤電車の暇つぶしとしては悪くないんだけど、それ以上ではなかったな。

むしろ徹底的に『掟』のセンで面白おかしくした方がよかったのになぁ。ちょっと残念。


 (定価)

在庫切れ (Amazon価格)

なし (Amazonポイント)

 (私のおすすめ度)

在庫切れ

(価格・在庫状況は5月22日 14:11現在)



 (定価)

在庫切れ (Amazon価格)

なし (Amazonポイント)

 (私のおすすめ度)

在庫切れ

(価格・在庫状況は5月22日 14:11現在)


関連コンテンツ

ページの先頭
に戻る