亡国のイージス (下)

カテゴリ:小説
日付:2004/08/01 14:46

 (定価)

在庫切れ (Amazon価格)

なし (Amazonポイント)

 (私のおすすめ度)

在庫切れ

(価格・在庫状況は6月29日 12:58現在)


福井晴敏の『イージス』下巻。上巻では、真実が二度三度とひっくり返り、絶望的な状況が現出した。下巻でどう決着をつけるやら……。

予想通りの悲惨な結末。誰もが(あの彼もが)、XXXXにだまされていたという真実。そして、生き残った人々に訪れた救いのあるエピローグ。睡眠時間を削ってまで読んだ甲斐があったというものだ。

あえて政治的な面にはコメントしないが、いろいろ考えさせられる話であった。というわけで、ダイス三部作をコンプリートすべく、ほかの本も発注したのだった。

亡国のイージス (上)

カテゴリ:小説
日付:2004/07/28 00:37

 (定価)

在庫切れ (Amazon価格)

なし (Amazonポイント)

 (私のおすすめ度)

在庫切れ

(価格・在庫状況は6月29日 12:58現在)


そのうち読もうと思っていた福井晴敏。話題の本って、どうも読む気がしなくていまごろになってしまった。

お も し ろ い !!

「あれ」を奪った北の工作員、それを追う日本の諜報機関、暴走する海自護衛艦。男の子が好きなキーワード満載! 上巻だけでも文庫本で1.5cmくらい厚みがあるのに、内容が詰まっていて緊迫感を保ち続けているのがすごい。中ダレしまくりのダレダレ佐藤賢一とはえらい違いである。

» 続きを読む

百器徒然袋-風

カテゴリ:小説
日付:2004/07/13 00:19

 (定価)

在庫切れ (Amazon価格)

なし (Amazonポイント)

 (私のおすすめ度)

在庫切れ

(価格・在庫状況は6月29日 12:58現在)


相変わらず物凄く馬鹿だ。招き猫を見て「にゃんこ、にゃんこ」と喜んでいる。馬鹿だ。もちろん、榎木津のことである。


 (定価)

在庫切れ (Amazon価格)

なし (Amazonポイント)

 (私のおすすめ度)

在庫切れ

(価格・在庫状況は6月29日 12:58現在)


の続編である。これも馬鹿だったが、今回も馬鹿だ。

語り部は、前回と同じく本島。やはり、巻き込まれてヒドイ目にあっている。

京極堂シリーズ本編が陰惨な話なのと正反対に、こっちは爽快で笑えるのがいい。もちろん本編も好きなんだが。やっぱり京極夏彦は面白いね。

» 続きを読む

カエサルを撃て

カテゴリ:小説
日付:2004/06/05 16:36

 (定価)

在庫切れ (Amazon価格)

なし (Amazonポイント)

 (私のおすすめ度)

在庫切れ

(価格・在庫状況は6月29日 12:58現在)


最近になって文庫版が出たので読んでみた(ハードカバー買う気なかったの)。

いまさら内容を云々しても仕方がないので深入りはしないけど……とにかく「佐藤賢一だな」という感じ。この人の本に登場する女性は、なぜ確実にレイプされるのであろう。登場女性の被レイプ率は、夢枕獏&菊池秀行に匹敵するのでは。

» 続きを読む

黄昏の囁き

カテゴリ:小説
日付:2004/05/16 17:59

 (定価)

在庫切れ (Amazon価格)

なし (Amazonポイント)

 (私のおすすめ度)

在庫切れ

(価格・在庫状況は6月29日 12:58現在)


囁き3部作のラスト。ここまで読んでやっと気づいたのだが、囁きシリーズって主人公の隠蔽された記憶がキーになってるのね。読者は主人公と一緒に、蘇りかけた記憶の断片にじらされ、混乱させられるというわけだ。

また、3作とも共通の登場人物はいないが、共通の固有名詞が使われていてニヤっとさせられる。例えば、緋色~の主人公と黄昏の主人公は……とか。

超・殺人事件

カテゴリ:小説
日付:2004/05/15 12:08

 (定価)

在庫切れ (Amazon価格)

なし (Amazonポイント)

 (私のおすすめ度)

在庫切れ

(価格・在庫状況は6月29日 12:58現在)


東野圭吾お得意の「ネタ」短編集。推理小説界のブラックユーモア小説というところか。フリーライターをやっていた身としては、確定申告と必要経費をネタにした話に親近感を覚えたなぁ。

かる~く読めるので、通勤時の暇つぶしに最適。けど、それ以上ではないなぁ。

予知夢

カテゴリ:小説
日付:2004/04/21 23:19
本日の読了本

 (定価)

在庫切れ (Amazon価格)

なし (Amazonポイント)

 (私のおすすめ度)

在庫切れ

(価格・在庫状況は6月29日 12:58現在)


以前読んだ、

 (定価)

在庫切れ (Amazon価格)

なし (Amazonポイント)

 (私のおすすめ度)

在庫切れ

(価格・在庫状況は6月29日 12:58現在)


が面白かったので、湯川&草薙コンビの続編に手を出す。
前作よりもオカルト色が強くなったかな。といっても、「一見オカルト風になってしまった事件」を科学的に解決するので、オカルトではないのだが。

湯川のキャラは立っているのだが、草薙が「薄い」のが難点か。関口のように胡乱ではなく木場のように四角くもなく、榎木津のように奇天烈でもない。まぁ、ワトスン役はこれでいいのかもしれないけど。

探偵ガリレオ

カテゴリ:小説
日付:2004/04/09 18:04
今朝の電車で読み終わった。

 (定価)

在庫切れ (Amazon価格)

なし (Amazonポイント)

 (私のおすすめ度)

在庫切れ

(価格・在庫状況は6月29日 12:58現在)


海で起こった爆死事件、アルミでできたデスマスク、胸の一部だけ腐った死体。これらの不可解な謎を、理工学部物理学科助教授が科学的に解明する短編連作。プロットは単純だけど、トリック(というかネタ)は新鮮で面白い。

んが、この助教授 湯川と科学オンチ刑事 草薙の凸凹っぷりは、ありがちといえばありがち。ミステリのお約束的配役ですな。

赤目のジャック

カテゴリ:小説
日付:2004/04/04 19:58
今回はコレを読了したわけだが……。

 (定価)

在庫切れ (Amazon価格)

なし (Amazonポイント)

 (私のおすすめ度)

在庫切れ

(価格・在庫状況は6月29日 12:58現在)


「何だ?このクソ本」

ジャックリーの乱がらみということで読み始めたのだが、何のことはない。ひたすらレイプしてるだけ。

「やらなければならないことがある」と啖呵を切り、結婚を約束した女をエロ親父に売り飛ばして何をするかと思えば、別のタカビー女を調教。その挙句に「真実のきらめき」ですか。そこでまたブチ切れですよ。

知るか、ヴォケ!

暗闇の囁き

カテゴリ:小説
日付:2004/03/30 19:12
今朝の通勤電車で読み終わったのがコレ。


 (定価)

在庫切れ (Amazon価格)

なし (Amazonポイント)

 (私のおすすめ度)

在庫切れ

(価格・在庫状況は6月29日 12:58現在)


綾辻 行人の囁きシリーズ第2作なわけだが、前作


 (定価)

在庫切れ (Amazon価格)

なし (Amazonポイント)

 (私のおすすめ度)

在庫切れ

(価格・在庫状況は6月29日 12:58現在)


(↑以前紹介済み)
よりも面白かった。こういうホラーっぽいのもよいね。

あれ? プロローグの惨殺劇って、結局何が起こったんだ?


関連コンテンツ

ページの先頭
に戻る