宇宙探査機 迷惑一番

カテゴリ:小説
日付:2005/07/22 21:01

 (定価)

在庫切れ (Amazon価格)

なし (Amazonポイント)

 (私のおすすめ度)

在庫切れ

(価格・在庫状況は6月29日 13:20現在)


地球連邦軍月面基地所属の通称「能天気小隊」が遭遇した謎の物体、平行宇宙移動探査機マーキュリーと言語化デバイス「迷惑一番」。

迷惑一番に接触した小隊5人は、平行宇宙に飛ばされて「とんでもない」戦いを巻き起こすことになる。

» 続きを読む

蒼いくちづけ

カテゴリ:小説
日付:2005/07/17 11:27

 (定価)

在庫切れ (Amazon価格)

なし (Amazonポイント)

 (私のおすすめ度)

在庫切れ

(価格・在庫状況は6月29日 13:20現在)


テレパシー能力者「テレパス」と普通人が(一応)平穏に共存している時代。

テレパスの少女ルシアは恋人に裏切られ、脳死に至る。死の直前に彼女が感じた憎悪は、死後も残留して人々を傷つけ始める。

ルシアの最後の念に命を救われた無限心理警察刑事OZは、ルシアを救うために動き出した。

» 続きを読む

完璧な涙

カテゴリ:小説
日付:2005/07/16 00:13

 (定価)

在庫切れ (Amazon価格)

なし (Amazonポイント)

 (私のおすすめ度)

在庫切れ

(価格・在庫状況は6月29日 13:20現在)


本棚に眠る神林長平作品を読み返そう、ということでランダムにつかんだ1冊。ああ、これか。

感情を持たず、社会から阻害された少年宥現。街を取り囲む砂漠に埋もれた古代都市。そこから発掘された漆黒の戦車はターゲットを破壊するまで追跡をやめない破壊兵器だった。

戦車に追われ、戦い続けることになった宥現は、過去と未来の戦争に巻き込まれていく。

» 続きを読む

星界の断章 I

カテゴリ:小説
日付:2005/07/10 09:08

 (定価)

在庫切れ (Amazon価格)

なし (Amazonポイント)

 (私のおすすめ度)

在庫切れ

(価格・在庫状況は6月29日 13:20現在)


森岡 浩之の星界シリーズ短編外伝集。書き下ろしは「原罪」のみで、ほかはSFマガジンやゲーム付録の形で発表済み。

アーヴの起源の物語「創生」、少女時代のスポールを描いた「君臨」、ラフィール誕生秘話「誕生」など数本+ふざけているとしか思えない短編数本を収録。

» 続きを読む

傀儡后

カテゴリ:小説
日付:2005/07/01 22:29

 (定価)

在庫切れ (Amazon価格)

なし (Amazonポイント)

 (私のおすすめ度)

在庫切れ

(価格・在庫状況は6月29日 13:20現在)


う~ん、コレ、面白いか? 「日本SF大賞受賞作」といってもなぁ……。賞なんてただの飾りなんだねぇ。

ムダに長い話。異常に「濃く」、大量に出てくるわりにまるで感情移入できないキャラたち。個々のエピソードにも大した意味もない。キャラAは何がしたくてキャラBを「あんな風に」したんだ? まったく意味が分からない。

これは、皮膚フェチ野郎の妄想をダラダラとムダに長く綴っただけの単なるオナニー小説にすぎない。まぁ、時間つぶしにはなったが。

太陽の簒奪者

カテゴリ:小説
日付:2005/06/19 18:20

 (定価)

在庫切れ (Amazon価格)

なし (Amazonポイント)

 (私のおすすめ度)

在庫切れ

(価格・在庫状況は6月29日 13:20現在)


野尻抱介による、2部構成の長編SF。

水星から突然吹き出した物質でできたリングにより、地球は日照量が激減。何億もの餓死者が出る状況下で、太陽を取り巻くリングをいかに破壊するか。高校生だった主人公の亜紀が大人になり、科学者としてリング破壊ミッションを遂行するところまでが第1部。

» 続きを読む

『七都市物語』シェアードワールズ

カテゴリ:小説
日付:2005/06/07 21:17

 (定価)

在庫切れ (Amazon価格)

なし (Amazonポイント)

 (私のおすすめ度)

在庫切れ

(価格・在庫状況は6月29日 13:20現在)


ガイエ(田中芳樹)の「七都市物語」世界を舞台に、4人の作家が独自のストーリーを競作。

基本的に「七都市物語」が正史扱いで、本書はその裏面史といったところか。脇役としてAAAやギルフォード、クルガンなども登場する。

» 続きを読む

θは遊んでくれたよ

カテゴリ:小説
日付:2005/05/22 01:35

 (定価)

在庫切れ (Amazon価格)

なし (Amazonポイント)

 (私のおすすめ度)

在庫切れ

(価格・在庫状況は6月29日 13:20現在)


森博嗣のGシリーズ(というか前作にはシリーズ名がなかったよね?)第2作。次作が「τになるまで待って」というわけで、タイトルにギリシア文字が入っているのが特徴。GってギリシアのG?

連続する投身自殺?。その死体には、みな同一の口紅で「θ(シータ)」という文字が書かれていた。これは本当に自殺なのか? 事件の背後に見え隠れする名前のない宗教団体との関連は?

» 続きを読む

優しい煉獄

カテゴリ:小説
日付:2005/05/15 14:09

 (定価)

在庫切れ (Amazon価格)

なし (Amazonポイント)

 (私のおすすめ度)

在庫切れ

(価格・在庫状況は6月29日 13:20現在)


コンピュータ上に構築された仮想世界は死者の街。人々は生前に自分の精神をバックアップしておき、死ぬと仮想世界で第2の人生を始める。この世界では、カネが続く限り永遠に生きていられる。カネが尽きると仮想世界から削除され、真の死が訪れる。現世と死後の世界の狭間にある、まさに煉獄。ただし意外に快適。

仮想世界で探偵を始めた主人公のもとに、「現世から」人探しの依頼が舞い込んできたところから物語りは始まる。

» 続きを読む

フランチェスコの暗号 下

カテゴリ:小説
日付:2005/05/06 17:07

 (定価)

在庫切れ (Amazon価格)

なし (Amazonポイント)

 (私のおすすめ度)

在庫切れ

(価格・在庫状況は6月29日 13:20現在)


『Hypnerotomachia Poliphili(ヒュプネロトマキア・ポリフィリ)』に隠された暗号が次々に解読され、ついにフランチェスコの真意が明らかになる下巻。

……う~ん、中途半端な話だねぇ。解読部分は確かに面白いのだが、上下巻通して解読部分の比重は決して高いとはいえない。大部分は、あまり感情移入できない登場人物たちの、不可解な言動に費やされている。

» 続きを読む


関連コンテンツ

ページの先頭
に戻る